Skip to Main Content

アクセシビリティへの取り組み

私たちは、誰にでも利用しやすい交通手段を提供することに情熱を注いでいます。車椅子に対応したADA基準のスロープや、車内での音声や視覚的なサポートなど、自動運転車両による現実的なアクセシビリティに向けた取り組みについて、ご紹介いたします。

  1. パートナー募集

私たちのアプローチ

私たちは、世界的なモビリティソリューションのリーディングメーカーであるBraunAbility社との提携を通じて、アクセシビリティを運営の最前線に置いています。May Mobility Toyota Sienna Autono-MaaS(S-AM)をADA基準に適合した車両に改造し、車内にはオーディオ/ビジュアル障害を持つ人々が旅行に関する重要な情報を見たり聞いたりするためのスピーカーとディスプレイが装備されています。

誰もがどこでも利用できる移動手段:米ミネソタ州における車椅子対応福祉自動運転車両

安全性への取り組み

乗客や他の道路利用者の安全性を最優先に考えています。当社のセンサースタックと独自の自動運転意思決定AIシステム・MPDM(Multi-Policy Decision Making)が連携し、ルールベースのシステムよりも信頼性の高いシミュレーションを実行して、道路を監視します。その結果、安全で予測可能な車両の動きで迅速に反応し、乗客や道路上の全ての人々の安全を確保しています。

詳細はこちら

自動運転技術の特徴

独自技術MPDMにより、自動運転システムよりも効果的に次に何が起こるかを想像し、決定することができます。この技術を世界中の都市や企業と共に活用し、移動の利便性、安全性、環境への影響を改善しています。

詳細はこちら

最新の自動運転技術資料

  • How AVs are transforming public transportation

    1. ホワイトペーパー
    2. 技術情報, サービス
  • 自動運転開発の拡張性比較:May MobiltiyのMPDM技術 vs. ルールべースでの開発

    1. ホワイトペーパー
    2. 技術情報
  • 第3世代ADK自動運転システムについて動画でご紹介(英語)

    1. 動画(英語)
    2. 技術情報
  • May Mobility 福祉車両:車椅子乗降方法

    1. 動画(英語)
    2. サービス, アクセシビリティ
  • [CM] 障がい者も自由に移動できる社会が実現するために

    1. 動画(英語)
    2. アクセシビリティ, 技術情報

May Mobilityの自動運転
サービスをあなたの街でも
いかがですか?

私たちは、自治体、公共交通、キャンパス、組織、そしてビジネスが自動運転技術を導入し、長期的な交通インフラの課題を解決するためにご紹介しています。乗合サービスを提供し、交通の課題を解決するために、パートナーシップを結びましょう。ご連絡をお待ちしております。

  1. お問い合わせ