Skip to Main Content

公共交通の進化: 自動運転マイクロトランジット

コストを抑えながらオンデマンド交通サービスを拡大するためには、成熟期を迎えつつある自動運転車がカギとなります。

自動運転車両は、最もサステナブルな形態の次世代マイクロトランジットです。

バスや電車などの多くの公共交通機関は、オンデマンドのマイクロトランジットサービスを事業に取り入れる方法を模索しています。しかしながら、ドライバー不足や乗客定員の少なさから、オンデマンドサービスは、特に規模が大きい場合、難しい投資となります。コストを抑えながらオンデマンド交通サービスを拡大するためには、成熟期を迎えつつある自動運転車がカギとなります。

マイクロトランジットとは?

マイクロトランジットは、特定のサービスゾーンでアプリを使って乗車予約を行う、オンデマンドの相乗り型公共交通の新しい形です。ゾーンは交通機関によって指定されます。多くの場合、バスの運行が難しい地域です。サービスはゾーン内で主要な交通路線に接続する手段として提供され、通常、ミニバンや大型バンが使用されます。これは乗合サービスには十分な大きさであると同時に、住宅地で使用するのに十分な小ささです。運行はアプリ(またはコールセンター)とソフトウェアによって動的に管理され、ライドシェアを奨励しつつ、待ち時間や移動時間を短くすることを目標にルーティングと送迎を最適化します。

マイクロトランジットの導入例とその理由

米国の交通機関の利用者数上位100団体のうち、60団体以上が複数のマイクロトランジットゾーンを有し、15社がマイクロトランジットゾーンを計画中です。マイクロトランジットは、カバー率の低い地域での交通アクセスを改善し、アクセスと利便性を高めることで路線バスと鉄道のネットワークを強化し、人口密度の低い地域の赤字バス路線に代わるものとなる可能性を持っています。乗客はより便利なものを求めます。マイクロトランジットは、地域の多くの人々が多様な公共交通機関を利用するようになるための、重要な入口となるでしょう。

May Mobilityのトヨタ・シエナがオフィスビルや病院、食料品店などの公共空間にアクセスする様子を描いたイラスト。

課題

オンデマンドサービスは万能ではありません。UberやLyftといった交通ネットワーク企業が提供するドア・ツー・ドア型のサービスは、自動車を所有する必要性や駐車場インフラなどを減らす役には立つかもしれません。けれども、走行距離や道路使用量、渋滞を増加させる可能性が非常に高いと考えられます。ライドシェアは、こういった問題を減らし、よりサステナブルな交通を実現するためのカギとなります。都市部では、固定路線バスは時間あたりでたくさんの人を運ぶことができ、人口密度の高いエリアでは欠かせない存在です。マイクロトランジットは、利便性と乗合のバランスが取れています。

将来

将来の理想的な乗合型「モビリティ・アズ・ア・サービス(MaaS)」システムでは、市街地や幹線にサービスを提供する固定路線と、バスには難しい場所や時間帯にサービスを提供するオンデマンド型マイクロトランジットとを上手く組み合わせた形になるでしょう。自動運転車により乗合輸送のコストが下がると、バスやオンデマンド車両の数が増え、モビリティネットワークの有用性が指数関数的に拡大する可能性があります。これにより、個人が自動車を所有しなくても済むようになり、高密度な暮らしを奨励することにつながり、環境と気候への影響を軽減できるようになります。May Mobilityは、地球と人類が繁栄するための環境づくりにおいて、交通機関、行政、利用客の味方として、都市の変革に取り組んでいます。


著者について

Sarah Pressprich Gryniewiczは、May Mobilityのシニア戦略アナリストです。自動運転車がどのように公共交通を補完し、社会を構成するすべての人々にとって公平で持続可能な移動環境をどのように実現できるかについて取り組んでいます。ミシガン州南東部の公共交通機関で数年間勤務し、戦略的リーダーシップ、組織開発、コミュニティエンゲージメントに携わりました。平和部隊のボランティアとして西アフリカのベナンに滞在した経験から、インフラと「場所のコミュニティ」に情熱を注ぐようになりました。ミシガン大学において歴史および経済専攻で学士号を取得し、コーネル大学において地域計画専攻で修士号を取得しています。

ニュース&ストーリー をもっと見る

  • It takes a village: Creating safe and equitable transportation

    2024年2月22日

  • Less parking, more public transit

    2024年2月7日

  • The future of autonomous technology at CES 2024

    2024年1月23日

  • Progress in partnership: Autonomous vehicles and government

    2024年1月11日

  • May Mobility CEO Edwin Olson to speak at CES® 2024

    2024年1月3日

  • May Mobility launches first driverless transit service for Early Riders in Arizona, takes next step toward transforming the way riders get around cities and urban environments

    2023年12月18日

  • MOTER Technologies and May Mobility join forces to advance autonomous vehicle insurance solutions

    2023年12月13日

  • Get to know May: Anna Brunelle, chief financial officer

    2023年12月6日

  • How autonomous vehicles give wheelchair users more autonomy

    2023年11月30日

May Mobilityの自動運転
サービスをあなたの街でも
いかがですか?

私たちは、自治体、公共交通、キャンパス、組織、そしてビジネスが自動運転技術を導入し、長期的な交通インフラの課題を解決するためにご紹介しています。乗合サービスを提供し、交通の課題を解決するために、パートナーシップを結びましょう。ご連絡をお待ちしております。

  1. お問い合わせ