Skip to Main Content

サービス展開: 米アナーバーでの無料公共交通

私たちは単なるタクシーサービスではなく、自動運転によるマイクロトランジットサービスの提供を目指します。地域社会と協力し、交通網のギャップを埋めていきます。

May Mobilityは自動運転技術によるスマートシティの実現に取り組みます。May Mobilityのホームタウンであるミシガン州アナーバーでは、安全で利用しやすい無料の公共交通を提供することを意味しています。

私たちは単なるタクシーサービスではなく、自動運転によるマイクロトランジットサービスの提供を目指します。地域社会と協力し、交通網のギャップを埋めていきます。Via、Mcity、4M、Ann Arbor SPARKとの協力により提供されているA2GO(英語)サービスは、ダウンタウンの通りを運賃無料で移動できるものです。A2GOサービスは、何度乗っても、どんな時間帯に乗っても、どこに行っても無料です。


カスタマーサクセスマネージャーのAllison Hegartyは次のように述べています:「私たちは公共交通システムを補完する方法を模索しており、現在アナーバーでそれを実践しています。例えば、アムトラックの駅まで行き来する公共交通がないため、それを解決したいと考えました。無料送迎サービスを活用して、通勤・通学や買い物だけでなく、駅のエリアまで乗り継いでいるという乗客の声を聞いたことで、私たちは新たなルートを見つけ、人々を街中で安全に移動させることができるようになっています」。

また、市内のケリータウンや4M Venue、ヨストアリーナ、ミシガン大学キャンパス(「ダイアグ」広場を含む)など、主要な場所に行くことができます。無料乗車はMay Mobilityのモバイルアプリ(AppleおよびGoogle Playで入手可能)を使用し、月曜日~金曜日の午前8時~午後8時の時間帯でピックアップロケーションのいずれかで乗車依頼をするだけです。


ニュース&ストーリー をもっと見る

  • May Mobility launches Detroit autonomous vehicle pilot program with Detroit Office of Mobility Innovation

    2024年6月12日

  • May Mobility achieves 10,000 rider milestone in its first rural autonomous vehicle deployment

    2024年6月10日

  • Detroit ADS Pilot Safety Testing to Commence at American Center for Mobility

    2024年5月1日

  • Women of May Spotlights

    2024年3月28日

  • May Mobility recognized on Fast Company’s 2024 list of the Most Innovative Companies

    2024年3月19日

  • May Mobility’s announces $105 million Series D investment round led by NTT to scale autonomous transit services

    2024年3月19日

  • 自動運転技術の開発を手掛け、北米および日本において自動運転サービスの普及・展開を目指す米国May Mobility, Inc.(以下、May社)に、当社がこのたび出資したことをお知らせいたします。

    2024年3月19日

  • Women of May: Here to change the world

    2024年3月6日

  • It takes a village: Creating safe and equitable transportation

    2024年2月22日

May Mobilityの自動運転
サービスをあなたの街でも
いかがですか?

私たちは、自治体、公共交通、キャンパス、組織、そしてビジネスが自動運転技術を導入し、長期的な交通インフラの課題を解決するためにご紹介しています。乗合サービスを提供し、交通の課題を解決するために、パートナーシップを結びましょう。ご連絡をお待ちしております。

  1. お問い合わせ