Skip to Main Content

goMARTI:ミネソタ州グランドラピッズ

goMARTI(ミネソタ自動運転地方交通イニシアチブ)」の実証実験は、アメリカグランドラピッズ市の住民や訪問者の交通手段とアクセシビリティを向上させることを目的とした、複数のグループが協力して実現したものです。

グランドラピッズ市における当社サービスの詳細について

「goMARTI」(ミネソタ自動運転地方交通イニシアチブ)実績は、May Mobilityの自動運転車両5台(うち車椅子対応のADA準拠車両3台を含む)を使用し、約70か所の乗降場所をカバーする5.13平方マイル(約13.3平方キロ)の範囲に及びます。その面積は実に皇居の10倍の広さです。乗客は、May Mobilityのモバイルアプリ(Apple & Google Play)で示される乗車場所で無料の乗合サービスをリクエストするか、運行時間中の週末を含むほとんどの時間に、地元の211番号に電話するだけで利用できます。

このオンデマンドプログラムは、Minnesota Department of Transportation、Grand Rapids市、The PLUM Catalyst、Iron Range Resources & Rehabilitation Department、Itasca County、Via、Minnesota大学、Arrowhead Transit、Mobility Maniaなどとのパートナーシップによって提供されています。

  1. goMARTIウェブサイトを見る(外部サイト・英語)

ミネソタ州グランドラピッズ・米

  1. 運賃

    無料

  2. 運行時間

    火水木金 14:00-22:00
    10:00-22:00
    08:00-14:00
    (運休)

サービスの詳細(外部)

May MobilityアプリをGetして、新しい移動を体験しよう

※アメリカのみ対応中 May Mobilityと一緒に移動しましょう。Apple App StoreまたはGoogle PlayからMay Mobilityアプリをダウンロードすれば、簡単にご利用いただけます。

  1. App Storeで入手できます
  2. Google Playで入手できます

最新の関連PR

  • How can self-driving cars affect traffic in our cities?

    2024年5月12日 / CGTN America

  • May Mobility: Driverless Taxis as Alternatives to Buses

    2024年4月22日 / WardsAuto

  • Here’s what we learned during a demo ride in a May Mobility AV

    2024年4月18日 / Tech Brew

  • May Mobility CEO sees more prosperous path ahead for self-driving tech

    2024年4月3日 / Automotive News

  • How May Mobility is expanding driverless shuttle services

    2024年3月19日 / Fast Company

  • The Capital-Efficient Path to Ending Personal Car Ownership

    2024年2月26日 / Future of Mobility Podcast

  • May Mobility CFO: Leveraging Capital-Efficient Tech Development

    2024年2月20日 / CFO.com

  • Guest commentary: 3 trends that make the transportation industry ripe for disruption

    2024年2月12日 / Automotive News

  • CFOs Use Data to Speed Business-Wide Productivity Decisions

    2024年2月10日 / PYMNTS

May Mobilityの自動運転サービスを、あなたの街でもいかがですか?

私たちは、自治体、公共交通、キャンパス、組織、そしてビジネスが自動運転技術を導入し、長期的な交通インフラの課題を解決するためにご紹介しています。乗合サービスを提供し、交通の課題を解決するために、パートナーシップを結びましょう。ご連絡をお待ちしております。

  1. お問い合わせ